【10代お断り】10キロ痩せたい!30代40代が痩せるダイエットの裏技

 

“30歳を過ぎて
気づくと20代も頃より
10キロも太ってしまっている…

 

“すんなりと履けていたスカートが
履けなくなっている…

 

そんな方に…

 

とりあえず、

あなたが太っているのか、

どうなのか…

BMIを測ってみませんか?

 


★BMI計算

体重   :(kg)
身長   :(cm)



太っている?

 

ビール好きでもできる!
置き換えダイエットで確実に痩せるのを選ぶならコチラ
  ↓↓↓

 

 

 

焦らずゆっくり派には…
  ↓↓↓

 

ダイエットが成功する誰も語らない本当の秘訣

“10キロ痩せたい…”
と一言で言っても

 

いきなり10キロ痩せようとするのは
無謀なことです。

 

あなたが本当の自分を取り戻すためには

  • どれくらいの期間で、どれくらい痩せたいのか?

 

一週間後にマイナス3キロ?

 

 

 

半年後にマイナス5キロくらい?

 

 

 

一年後にすっかり別人…
じゃなくて、本来の自分を取り戻す?

 

 

 

ダイエットに失敗する人は本気で痩せようとしていない?

 

あなたが今もし、
少し太っていたとしたら…

 

または、
“もう少し無駄な肉を取りたい…”
と思っているとしたら…

 

それは決して無理なことではありません。

 

 

じゃあ、なんで世の中に
太っている人がいるの?

 

ダイエットして
効果が出ずに諦める人、
たくさんいるじゃない?

 

 

確かに、
ダイエットをしようとして

 

 

“頑張るぞっ”

 

 

と決めても
結局は諦めてしまう…

 

果たしてその理由は…

 

「根性がないから…」

 

「本気で痩せようとおもってないんじゃない?」

 

「簡単に痩せようと思っているのが甘い!」

 

 

なんてことを
痩せている人に
上から言われたりしたことがあったりするのでは…

 

 

痩せないのは根性がないから?それとも…

確かに、一言で
“痩せる”
といっても人によっては
そんなに簡単なことではないでしょう。

 

また、痩せることは簡単ではないとすると
ある程度、続ける根気が必要となります。

 

 

あ~じゃあ、無理…

 

食べたいもの、たくさんあるし…

 

運動なんてしんどいこと、
絶対無理だし…

 

 

 

そんなあなたでも
なんとか、ダイエットを成功に結び付けるコツがあるとしたら…

 

そう、実は
あなたのダイエットの邪魔をする
本当の犯人がいるのです!

 

 

ダイエットが失敗してしまう本当のワケ…

ダイエットする際、
最も基本的なことは

 

  • 食べ過ぎないこと
  •  

  • 適度は運動などによるカロリー消費

 

そうです。
特に難しいことではありません。

 

でも、あなただけでなく
多くの方がこの2つを続けることができずに
挫折してしまっています。

 

それは“ある環境”にいることで
あなたがダイエットをしようという意志力を奪っているからです。

 

ダイエットを失敗しやすい生活習慣 その1

その日は起きた朝、
あまりお腹が空いていませんでした。

 

なぜなら昨日の晩
夕飯が少し遅い時間に食べることになったからです。

 

でも、朝食を食べずにいると
お腹をすっかりと空かせてしまってから
お昼ご飯を食べることになってしまう。

 

そうなると余計に脂肪を吸収してしまうから
朝食は食べておいた方がいいはず。

 

そう思って
朝食はお腹が空いていなくても
食べるようにしている。

 

 

ダイエットを失敗しやすい生活習慣 その2

 

あなたは今、
仕事が終わって帰宅の途中です。

 

「さぁ、家に帰って何を食べようかな。
ダイエット中だから
あまり食べ過ぎないようにしなきゃ…」

 

そう思いながら
帰りにスーパー、もしくは
コンビニによって食材を買おうとします。

 

「最近ではコンビニでも
低カロリーの食材が多いから
ダイエットにもいいはず…」

 

 

そしていろんな食べ物を
好きなように選びます。

 

 

 

さて、
上記の2つの生活習慣ですが
一般的には特にダイエットに良くない
というポイントは無いように思うかもしれませんね。

 

 

ですが、
実はあまりお勧めできないポイント、
そして、それこそダイエットだけでなく、
いろいろなことを失敗に導く元
となるものが隠れています。

 

 

低カロリーを「選ぶ」という行為が落とし穴…

さて、
“コンビニで低カロリーの食品を選ぶ”
というのは
女性にとっては当たり前の行動でしょう。

 

ですが、ちょっと視点を変えてみませんか。

 

例えば、
低カロリーのものを選ぼうとして
コンビニやスーパーに立ち寄ります。

 

そして、そこではいろいろな
美味しそうな食品が目に入ってきます。

 

「あ、あれ美味しそう!
でも、ダイエット中だからやめておこう…」

 

 

そうやって誘惑を振り切ったことって
誰でもあるでしょう。

 

ですが、逆に
ついその誘惑に負けて
予定外のものを買ってしまったりすることもあるのではないでしょうか。

 

選択肢が多いと疲れる

何かを買う場合、
いろいろな種類がある方が良いと思いますか?

 

種類が多いと
いろんなものを選ぶことができて
よりいいものを買うことができるでしょう。

 

ですが、逆に
選択肢があることで
迷ってしまい、
結果的にすごく疲れてしまう
ということもあるのではないでしょうか。

 

実は人間は決められたことを行うのが
一番疲れにくいという一面があります。

 

実は
「あれもいい、これもいい」と
選ぶために意志力というものを使い
知らないうちに脳を疲れさせているとも言えます。

 

 

「これしかありません」
と最初から断言されれば
初めから即決できるのに

 

たくさんの選択肢があるおかげで
余計に脳を疲れさせて
頑張るべきところが
頑張れなくなってしまっている…

 

という可能性が大いにあるわけです。

 

誤解して欲しくないのが
“コンビニで低カロリーのものを買うのが悪い”
といっているのではありません。

 

いろいろと選べる環境にいく
ということで
無駄な意志力を使って
疲れてしまい、

 

やるべきことに意志力を注げなくなっている
ということです。

 

 

○○は太りやすいの嘘

昔から朝食を抜いて
空腹の状態で食事をすると
血糖値が上がりやすくなるので
朝食は必ず食べた方がいい
なんてことを聞いたことはないでしょうか。

 

ですが、一言で
“朝食を抜く”
といっても
それによってどれくらいの空腹感になるかは
個人差があります。

 

人によっては
起きたすぐにはお腹が空かず
その状態で無理に食事をすることで
便通も逆に悪くなる人もいます。

 

そんな人にとっては
むしろ、朝食は摂らないか、
すごく軽く済ませる程度にして
お昼にお腹が空く状態にした方が
便通も良く、体調も良かったりします。

 

また、置き換えダイエットを行う際、
夕食を20時までに済ませて
次の日の朝食は酵素ドリンクだけにする
という方法があります。

 

 

その方法では、
20時から次の日のお昼の12時までの16時間

 

固形物を摂らずにいることで
内臓をしっかりと休ませることになり
体内の酵素も無駄遣いせず
代謝のために使わせることになります。

 

朝食は無理に摂る必要はない

 

 

疲れないダイエットの基本法則

そういった観点で見ると
ダイエットをする際、
まず大切なことは

 

“選択肢をたくさん作らない”

 

ということです。

 

 

「今日は何食べようか?」
そう思ってスーパー、コンビニに行くのは
楽しい反面、ダイエット中には
あまりよい影響を与えていません。

 

“選ぶ”=“迷う”
ということになりますので
脳を疲れさせ、
誘惑に負けやすくなります。

 

3食全て食べる物を決めておく必要はありません。

 

ですが、
ダイエットを意識するのであれば
そのうちの一食を
酵素ドリンクやフルーツ青汁など
置き換え用のダイエットドリンクと決めて
続けていけば

 

迷うことによる“脳の疲れ”
なくなります。

 

結果的に、
あなたが本来のあなたの姿を取り戻せるようになっていきます。

 

以上を踏まえたうえで
ダイエットをサポートしてくれる商品を選べば
ゴールはそんなに遠くはありません!

 

 

 

 


ダイエットは決して難しいことではありません。

ほんの少しの努力、
そしてそれをサポートしてくれるものさえあれば…


こちらからあなたのお好みの条件に合う商品を検索できます。
流行りの活性炭ダイエット
2~3週間!置き換え酵素ダイエット
2~3週間!置き換えフルーツ青汁ダイエット
3ヵ月~!酵素サプリでゆっくり体質改善を目指す





★こだわり条件
ダイエット相談ができる
当日発送可能

★お得ポイント
返金保証付き
送料無料







 

 

 

目的別ダイエット方法

早く痩せたい!

あと3キロ痩せたい…

 

★女子が3キロ痩せるとモテる見た目に!

 

3キロくらいなら、
合コン前の3日くらいで
体重を落とすことが出来ます。

 

⇒2日間で痩せる酵素ドリンクでのプチ断食

 

 

★オーディション前のグラドルが…

 

1カ月で3キロ痩せるのは
正しいやり方を続ければ難しくありません。

 

⇒1ヶ月で3キロ痩せる生活習慣

 

 

 

5キロ痩せてスリムパンツを履きたい…

 

★痩せたらこの服が着たい!

 

1~2カ月かければ
40代でも5キロくらいは痩せることができます。

 

⇒1~2ヶ月で5キロ痩せるには…

 

★5キロ痩せるとモテる!

 

例えば、海外旅行前の2週間で痩せるには
ちょっと気合いを入れないといけませんが
頑張ればできます。

 

⇒2週間で本気で痩せるには…

 

 

 

 

10キロ痩せてリバウンドしたくない…

 

★なぜ30代以降は
 運動やカロリー制限じゃ痩せない?

 

30代以降になって
痩せにくくなるのにはワケがあります。

 

⇒痩せないワケ…痩せる体質作りに必要なもの

 

★3ヶ月で10キロ痩せる!

 

3ヵ月じっくりと取り組めば
10キロくらい痩せることも可能です。

 

リバウンドしない酵素ダイエット⇒3つのポイント、そして裏技!

 

 

超ホンキで自分を変えたい…

 

★本気で痩せたい!

 

“本気で痩せたい”
と思いながら、
何度も挫折しているなら…

 

これで痩せなければ
何をやってもムリかもしれません。

 

30代女性が

⇒短期間で10キロ痩せて自分を変える最終手段!

 

 

 

モチベーションが続かない…

 

★“意思が弱いから痩せられない…”

 

意思が弱くて続けられないのは
たった一人で頑張ろうと思うからです。

 

あなたの“ガンバリ”
サポートしてくれるのは
高額なプライベートジムだけではありません。

 

⇒あなた一人を5人がかりでサポート!

 

 

 

“食べたい”が止まらない…

 

★ムダな食欲を無くせば絶対痩せる!

 

太ってしまう根本的な問題は
意味もなく湧き上がる
“食べたい気持ち…”

 

それが収まれば
ダイエットもスムーズに行きます。

 

⇒食欲を抑えるダイエットサプリメント

 

 

 

 

頑張っているのに効果が出ない…

 

★何も摂らずに頑張るのはもったいない!

 

せっかく努力しているのなら
その効果は最大限に発揮したいですよね。

 

HMBサプリは
あなたが行っている運動の効果を倍増させてくれます。

 

でも、HMBサプリって
プロテインみたいで筋肉モリモリになりすぎてしまうのでは…?

 

なんて思ってませんか?

 

もしそうだとしたら
その心配はありません。

 

そんな簡単に筋肉モリモリになるのだったら
世の中のボディビルダーは苦労しません笑

 

また、女性はホルモンの関係で
筋トレをすることで
しなやかにこそなっても、
筋肉モリモリには、そう簡単にはなりません。

 

  • しなやかに引き締めたい女
  •  

    >>しなやかな腹筋女子を目指せるHMBサプリを厳選

     

     

    30代以降のダイエット

     

    ※BMI値が25以上の人でも大丈夫!
      ↓↓↓
    ・酵素ドリンクは痩せない?これを抑えれば痩せる3つのポイント!

     

     

     

    10キロ痩せるための心構え

    10キロ痩せたいならパーソナルトレーニングがお勧め

     

    10キロ痩せたいと言う人はまず、
    体重は毎日チェックすることが大切です。

     

    お勧めするとすればパーソナルトレーニングを受けるというのもいいかもしれません。
    一人では上手くできないダイエットが成功できるように導いてくれますので参考にしてみてはどうでしょうか。

     

    ★「目的別ダイエット方法」に戻る

     

    筋トレ効果

    筋トレで筋肉をつけてエネルギーを消費しやすくすると
    短い期間で即効性がでてきやすくなります。
    体験談などを見るとやはり淡水化物とジュースは控えるようにしているようです。

     

    そういったものを摂らないようにすることがダイエットが上手くいくコツだと言えます。
    確かに有酸素運動は脂肪を落とすといいますが、
    その前にスクワットや腕立て伏せといった筋トレで
    筋肉を付けて糖質を控えるようにしたり、
    間食をなくすだけでも2,3キロくらいはカンタンに体重が落ちることが約束できるでしょう。

     

     

    ★「目的別ダイエット方法」に戻る

     

    内臓脂肪が多い人もダイエットが必要

    ダイエットは見かけをよくしたいという人だけでなく、
    内臓脂肪が多い人も行うべきものです。

     

    運動だけでなく食生活の改善も大切です。
    昼飯を菓子パンだけで済ましているのなら食生活の指導を受けた方がいいかもしれません。

     

    指導によって食べ過ぎを解消するだけで体重が減るのは明確です。

     

     

    ★「目的別ダイエット方法」に戻る

     

    プライベートトレーニングの効果

    プライベートトレーニングは費用も高額ですが、一人で行うより効果が出やすいです。
    トレーニングコンテンツもしっかりとしたものが作りこまれていますし、それぞれの結果を測定してもらうこともできます。

     

    ダイエット効果を高めようと部屋の温度を上昇させて行う場合、水分補給は充分に行うことは大切です。
    正しいプランの元で計画的なダイエット指導を受けると挫折することなく続けられるでしょう。

     

     

    ★「目的別ダイエット方法」に戻る

     

    ビールとダイエット

    ビールはダイエットに大敵だと言われていますが、
    実はビールと一緒に食べ物を食べているから太るわけで、

     

    ただビールを飲んでいるだけなら太ることはありません。
    ですから、やり方によっては積極的にビールを取り入れていくのもいいでしょう。

     

    飲酒はおやつを摂ることより、ダイエットに影響はないでしょう。

     

     

    ★「目的別ダイエット方法」に戻る

     

    運動のケガ対策

    短時間で運動効果を高めるにはその場でジャンプを繰り返すというのもかなりしんどいエクササイズです。
    行う前にはしっかりとストレッチをしたりしてケガへの対策はしっかりととっておくことが大事です。

     

     

    ★「目的別ダイエット方法」に戻る

     

    贅肉を取りたい人の食生活

    贅肉をとって体を引き締めるためには食べ物もできるだけノンオイルにしたり、
    糖質制限をすることが必要です。

     

     

    ★「目的別ダイエット方法」に戻る

     

    ランニングは継続が大事

    ランニングは贅肉を落とす近道と言えるでしょう。
    その際、大好物であっても白米などは抜きにするようにしたりすると効果は大きいでしょう。
    距離を決めて行うのもいいかもしれませんが、
    あまりルールを決めすぎてしまうと長続きしないので
    できるだけ楽しんでできるように工夫した方がいいでしょう。

     

     

    ★「目的別ダイエット方法」に戻る

     

    ファスティングの注意点

    断食は辛いものと思われているかもしれませんが、
    3日くらいのプチ断食だと意外と頑張れたりします。
    断食をすると集中力がアップするとも言われたりします。

     

    ファスティングを2,3日した場合、
    通常食に戻す時にドカ食いしてしまわないようにすることが大切です。
    ヨーグルトやフルーツなどあまり胃に負担をかけないものを摂るのがいいでしょう。

     

    ですが、
    フルーツだけを取り続けるフルーツダイエットは
    ある程度有効ではあるでしょうが、
    それだけではあまり健康によいとは言えないでしょう。

     

     

    ★「目的別ダイエット方法」に戻る

     

    おやつやお菓子は低カロリーなものを選ぶ

    ゼリーはお菓子の中でも比較的低カロリーなものになります。
    そういった低カロリーなお菓子を有効に使うのも
    ストレスを溜めることなくダイエットを継続することができます。

     

     

    ★「目的別ダイエット方法」に戻る

     

    運動する時間がない人のダイエット

    普段、運動する時間がないと言う人は
    一駅前で降りて歩くというのもダイエットにつながるのでいいでしょう。
    休日にはリフレッシュもかねて積極的に日光を浴びながら空気を感じながら散歩をしてみてはいかがでしょうか。

     

    日常的にデスクワークが多い人は
    運動するタイミングを捻り出すことも考えたほうがいいかもしれません。
    たとえば、歯磨きする際に踵を上げてつま先立ちになることで
    ふくらはぎの筋肉が刺激されて
    美脚に近づけてくれます。

     

     

    ★「目的別ダイエット方法」に戻る

     

    運動した後のアフターケア

    運動した後は、
    しっかりとマッサージなどをしたりして
    疲れを翌日に残さないようにすることも大切です。
    次の日に疲れすぎて、
    動けなくなってしまうと
    今日の努力が水の泡となってしまいます。

     

     

    ★「目的別ダイエット方法」に戻る

     

    ダイエットにはリラックスも大事

    砂糖はダイエットに天敵だと思われているかもしれません。
    ですが、適量の砂糖はダイエットを続けるためにも必要だったりします。
    コーヒーも無理してブラックでばかり飲むのではなく、
    カフェオレにして飲むことでリラックス効果を得られて
    気分転換にもなるでしょう。

     

    ダイエット中はカツ丼など一目瞭然とカロリーが高いものは敬遠しがちですが、
    あまりガマンをし過ぎるのもよくありません。

     

     

    ★「目的別ダイエット方法」に戻る

     

    スポーツジムでの運動のススメ

    スポーツジムのマシンや器具を使って運動することは
    代謝を上げてデトックス効果も期待できるでしょう。
    運動は免疫力を高めることにもなりますので
    苦手意識を捨てて取り組んでもいいでしょう。
    問題は金額的なところがあるかもしれませんが、
    最近では会費の安いところもできているようです。

     

    ラジオ体操くらいでは、むくみの解消くらいはできても、
    ポッコリお腹をへこますことはできないでしょう。
    セルライト、皮下脂肪は一週間くらいではなかなか落ちにくいものですが、
    ジョギングなどの有酸素運動の頻度を落とさずに続けていけば
    徐々に効果が出てきます。

     

     

    ★「目的別ダイエット方法」に戻る

     

    日常の食生活に摂りいれるもやしダイエット

    もやしダイエットというのも有効かもしれませんが、
    さすがにもやしばかり食べているわけにもいかないでしょう。
    ただ、金額的にはもやしですから、それほど負担にはなりませんので
    うまく食生活のメニューに採り入れればいいでしょう。

     

     

    ★「目的別ダイエット方法」に戻る

     

    ダイエット効果が出ない場合

    ダイエットを続けていても効果が出ないようなら
    ダイエットメニューを見直す必要があるかもしれません。
    エネルギーを如何に使うことを考え、
    お腹が膨れるもの、体が溜め込むのを防いでくれる食物繊維は積極的に摂りたいものです。

     

     

     

    ★「目的別ダイエット方法」に戻る